たるみが起こるメカニズムを学んで改善しよう

バナナ

予防するためには

コップ

たるみを予防するためには、生活習慣に気をつけることが大切です。具体的には、どのようなことが求められるのでしょうか。
まずは、食事がキーポイントになるようです。たるみの予防には、筋肉を鍛えることが効果があります。そのため、まずは、しっかりとよく噛んで食事をすることが重要です。片方だけの歯を使って噛むことはやめましょう。片方だけの筋肉を使うことで、使わない筋肉がたるみの原因となります。バランスよく両側の歯を使って咀嚼することで、たるみ予防になります。また、よく噛むことはダイエットに良いので、一石二鳥といえるでしょう。さらに、食事の内容にも気を使うことが重要です。まず、スイーツなど甘い食べ物は、特に女性が好むはずですが、たるみ予防には良くない食べ物です。糖質の過剰摂取は、血液の流れにも良くありません。血液がサラサラでなければ、老廃物が身体にたまりやすくなるのです。そのため、たるみも起こりやすくなると考えられています。老廃物をためないような食事をとることが大切です。腸内環境にも良い発酵食品などを積極的にとることで、美肌効果も大きく期待できます。フレッシュな野菜や果物などをたくさん食べて、栄養を身体中に行き渡らせたいものです。身体の内側から健康になるような食生活を送れば、体質も改善され、たるみができにくい身体になるといえます。
次に、身体の外側にも注目してみましょう。まず、紫外線に気をつけることが大切です。肌の外から受けるダメージを防ぐことが、たるみ対策としても重要になっていきます。外出するときは、日焼け止めを塗りましょう。汗などで流れることもあるため、朝に一度だけ塗ったからと油断せずに、ときには何度か塗り直すことも大切です。さらに、日傘をさしたり、UV効果の高い帽子や洋服を身につけることで、紫外線から肌を守ることができるはずです。
ほかには、顔のたるみに有効な方法にマッサージやエクササイズがあります。普段は使わないような表情筋を意識して使うことで、たるみを防ぐことができます。1日10分程度で構わないので、顔の筋肉をくまなく動かしてみましょう。顔全体に力を入れてこわばらせてキープしたあとに、顔の筋肉を一気に弛緩させるといったメリハリをつけた運動が効果的です。舌を使ったエクササイズや、ツボ押しマッサージなども合わせて行えば、バッチリだといえます。